>  > 待ち合わせの醍醐味

待ち合わせの醍醐味

今はほとんど見かけなくなったけど、昔テレクラというものがありました。出会い系の源流みたいなものですが、かかってきた電話に集中し、あの手この手でトークを盛り上げ、待ち合わせの約束まで取れればほぼホテルまで行けたものでした。今多くなった待ち合わせ型のデリヘルは、テレクラを知る世代には当時のドキドキ感を蘇らせるものかもしれません。先日利用した時の話です。テレクラならどういう子が来るか未知数ですが、デリはHPでおよその雰囲気はつかめます。30代半ばの嬢だったので、普通のおかあさん風を予想していました。「こんにちは」現れた嬢を見て目が一瞬でハートマークになりました。栗色のロングヘアー、白いジャケット、黒のタイトミニにパンスト、そして美脚です。俺の好みそのものが目の前にいたのでした。「デリは侮れないなー」そう思いつつ腕を組み、ホテルへ直行です。プレイは熟女らしいスローながらも濃厚で淫靡なものです。フェラの音の立て方がいやらしく、瞬殺気味でイってしまったのでした。

パネマジのひどい店

風俗では多かれ少なかれパネマジと言われるような、在籍嬢の写真の加工が存在します。店としても客を呼び込むために仕方のないことなのかもしれませんが、それを我々は上手に見抜かなくては、思っていた子が来なくて大損した気分にさせられてしまいます。しかし昨今は写真を加工することへのハードルは確実に下がっており、顔の輪郭どころか体型や雰囲気が丸々変わってしまうことなんてのもあり得ます。そういうパネマジのひどい店は一度利用したらもう二度と使わないでおこうと思うのですが、その一回自体がもったいないと感じます。この前のマジックはそれはそれは素晴らしい腕ですっかりと騙されました。自然にくびれのある、目のぱっちりした可愛い子が来るように思っていたのに、樽のような体型でキツネ目の女がやってきました。あまりの写真の違いに驚きましたが名前を聞く限りあっていますし、これが写真加工の腕かと驚かされました。テクは備わっていたので良かったのですが二度とデリヘル店は使いませんね。

[ 2015-12-24 ]

カテゴリ: 風俗体験談